的日本男演员,十年匠心打造

原标题:千年历史名河,十年匠心打造

青木健,伊藤義教著『ゾロアスター教論集』,オリエント45(1),229-235,2002

责任编辑:

千年历史名河,十年匠心打造返回搜狐,查看更多

中野美代子,ザナドゥーへの道(2)碑文のなかの旅人:景教僧アロポン,ユリイカ40(6),39-47,2008-05

达成万人砍神绩

责任编辑:

吉田豊,漢訳マニ教文献における漢字音写された中世イラン語について(上),「内陸アジア言語の研究2」長田夏樹教授退官・退班記念篇,神戸市外国語大学外国学研究17,1-15,1987-03

如今…返回搜狐,查看更多

菅谷文則,ソグド楽器と天平楽器,EunarasiaQ7,14-23,2017-03

被誉为「神之手」的日本男演员

岡田明憲,世界精神史におけるゾロアスター教:宗教思想の文化交渉面を中心に,アジア遊学(137),18-29,2010-12

原标题:被誉为「神之手」的日本男演员,达成万人砍的神绩,如今……

神田喜一郎,素畫に就いて,東洋史研究5(3),193-195,1940-04

榊和良,青木健『ゾロアスター教の興亡:サーサーン朝ペルシアからムガル帝国へ』,宗教研究81(3),738-743,2007-12

原标题:林生海:日本學者三夷教相關論著目録

森茂男,岡田明憲著『ゾロアスター教:神々への讃歌』,オリエント26(1),108-114,1983

蓮池利隆,常行堂の守護神・摩多羅神,佛教學研究65,65-78,2009-03

P.Y.Saeki(佐伯好郎),『TheNestorianMonumentinChina』,England:S.P.C.K,1916年。

熊元和美,「モン・ブラン」とゾロアスター教,佛教大學大學院紀要28,71-84,2000-03

岡田明憲,拝火教とその教え,文化遺産(8),53-55,1999-10

日本學者三夷教相關論著目録

須永梅尾,ファウストゥスとアガピウス:古代末におけるマニ教的異端の一考察,文化史学(23),20-32,1968-05

青木健,パールスィーの中国・日本来航:近現代の極東ゾロアスター教文化,アジア遊学(137),199-209,2010-12

李家正文,『天平の客、ペルシア人の謎:李密翳と景教碑』,東方書店,1986年。

佐伯好郎,『支那基督教の研究』(第1巻)唐宋時代の支那基督教,春秋社,1943年。

常塚聴,中国社会におけるマニ教の認識:唐から明までの漢文史料を中心に,東京大学宗教学年報(18),89-113,2000-3

大秦景教流行中国碑年表(貞観9〜中華民国54)(大秦景教流行中国碑の研究),福岡教育大学紀要第5分冊芸術・保健体育・家政・技術科編(22),11-12,1973-02

須永梅尾,マニ教神話における2神とそのパルティア語讃歌,新潟青陵女子短期大学研究報告6,21-28,1976-03

菊地伸二,「マニ教反駁書」における「意思」の問題,研究紀要36,53-61,2014-12

須永梅尾,マニ教における「エノック書」とその底本について,新潟青陵女子短期大学研究報告7,29-35,1977-03

W・ズンダーマン,吉田豊(訳),マニ教と佛教の出会い:佛教がマニ教に与えた影響の問題,佛教文化研究所紀要36,11-22,1997-11

石田幹之助,支那に於いて出版せられたる回教文献に就いて,東洋学報8(2),308-314,1918-5

影山悦子,ソグドの歴史と文化,歴史と地理(704),39-42,2017-05

神直道,『景教遺文の研究』,私家版,1986年。

吉田豊,森安孝夫,麹氏高昌国時代ソグド文女奴隷売買文書,「内陸アジア言語の研究」4,神戸市外国語大学外国学研究19,1-50,1989-03

石見清裕(編著),『ソグド人墓誌研究』,汲古書院,2016年。

青木健,ゾロアスター教における聖地の概念:神宮階級の「移動する聖火」と平信徒の自然崇拝,宗教研究79(1),25-47,2005-06

窪德忠,宋代における道教とマニ教,東洋史論叢:和田博士古稀記念,講談社,1961

須永梅尾,”Handam”史料にみるマニ教の霊魂観,新潟青陵女子短期大学研究報告4,21-33,1974-02

香山陽坪,オスアリについて:中央アジア・ゾロアスター教徒の蔵骨器,史学雑誌72(9),1284-1298,1963-09

菊地伸二,魂の創造について:『マニ教徒を反駁する創世記注解』II,3、4〜8、11を中心に,中世哲学研究:Veritas16,99-109,1997-11

梅村坦,森安孝夫「ウイグル=マニ教史の研究」,東洋史研究53(1),167-175,1994-06

島恭裕,マニ教細密画中の獣頭像に関する考察,民族考古:大学院論集3,132,1996-03

後藤敏文,アヴェスタ語:西欧文明に衝撃を与えたゾロアスター教のことば,言語37(12),80-83,2008-12

戸田聡,マニ教資料翻訳集成(1)リュコポリスのアレクサンドロス『マニカイオスの教説に対して』,北海道大学文学研究科紀要(146),209-239,2015-7

濱田直也,景教經典「一神論」とその佛教的性格について,文芸論叢(68),61-75,2007-03

桑原騭藏,大秦景教流行中国碑に就いて(『桑原騭藏全集』第1集,岩波書店1968年),『東洋史説苑』,弘文堂,277-314,1927-6

早瀬明,ゾロアスター教の根本教義を巡るKleuker·CreuzerそしてHegel:ロマン主義的なオリエント理解の枠組からの疎隔とZoegaからの影響,京都外国語大学研究論叢(78),51-70,2011

森田眞円,唐初の景教と善導大師,眞宗研究55,70-86,2011-01

菊地伸二,〈翻訳〉アウグスティヌス『マニ教徒を反駁する創世記注解』(2),研究紀要19,177-206,1997-12

石見清裕,ユーラシアの民族移動と唐の成立:近年のソグド人関係新史料を踏まえて,専修大学社会知性開発研究センター古代東ユーラシア研究センター年報2,5-16,2016-03

川口一彦,『景教のたどった道』,キリスト新聞社,2005年。

上岡弘二,メアリー・ボイス著/山本由美子訳『ゾロアスター教:三五〇〇年の歴史』,史學雜誌93(3),385-386,1984-03

佐伯好郎,西教東漸の跡を顧みて,史学研究(39),73-81,1949-10

吉田豊,森安孝夫著『ウイグル=マニ教史の研究』,史學雜誌102(4),595-605,1993-04

秋山光恵,「大秦景教流行中国碑」を訪ねて,神学と人文:大阪基督教学院・大阪基督教短期大学研究論集30,181-187,1990

石田幹之助,松本清張,火祆教教と中国文化,中央公論91(6),278-294,1976-06

清水義範,こぼれ落ちた世界史(24)「ゾロアスター教」の巻,エコノミスト83(52),40-41,2005-09

岡田明憲,『ゾロアスターの神秘思想』,講談社,1988年。

那波利貞,祆廟祭祀小攷,史窓(10),1956

岡崎和子,アウグスティヌスにおける意志の自由の問題:マニ教との関連で,北陸大学紀要21,181-191,1997

青木健,『マニ教』,講談社,2010年。

法本義弘(編集),『佐伯好郎遺稿並伝』〈上・下〉,大空社,1996年。

二、著作

菊地伸二,『未完の創世記注解』における「創造」についての一考察:『マニ教徒を反駁する創世記注解』との比較において,中世哲学研究:Veritas14,96-103,1995-11

森安孝夫,『ウイグル=マニ教史の研究』,大阪大學文學部紀要31/32,1991年。

妹尾達彦,シルクロードと長安のソグド人,東洋学報97(4),98-99,2016-03

春田晴郎,青木健著『ゾロアスター教ズルヴァーン主義研究:ペルシア語文献『ウラマー・イェ・イスラーム』写本の蒐集と校訂』,西南アジア研究(81),51-61,2014

岩本篤志,敦煌景教文献と洛陽景教経幢:唐代景教研究と問題点の整理,唐代史研究(19),77-97,2016-08

河野一典,アウグスティヌスにおける「地」(Genesis,1,1-2)としての質料:マニ教徒論駁の観点で,中世哲学研究:Veritas11,86-90,1992-11

野村博,景教に就いて,東洋史苑4,25-30,1971-12

片柳栄一,Jesuspatibilis:アウグスティヌスの接したヌミディアのマニ教の一断面,中世思想研究(22),25-47,1980

岡田明憲,イラン文化におけるゾロアスター教の意義,地域文化研究(3),92-101,1998

山田庄太郎,ファウストゥスのマニ教理解について:アウグスティヌス時代のマニ教の一側面,宗教研究84(3),637-659,2010-12

Ebert
Jorinde,吉田豊(訳),近年マニ教画と認定された大和文華館所蔵の絹絵についての覚え書き(大和文華館所蔵六道図特輯),大和文華(119),35-47,2009-02

森安孝夫,『東西ウイグルと中央ユーラシア』,名古屋大学出版会,2015年。

藤枝晃,景教瑣記,東洋史研究8(5-6),318-324,1944-03

加藤九祚,マニ教研究ノート,創価大学人文論集5,242-263,1993-03

林生海(安徽師範大學)

寺島憲治,バルカンの新マニ教,現代思想20(2),173-179,1992-02

メアリー・ボイス,山本由美子(訳),『ゾロアスター教:三五〇〇年の歴史』,筑摩書房,1983年。

朴炫国,ソグド(Soghd)人の葬礼道具の考察:オクスアリ(Ossuaries)を中心に,国際文化研究17,11-24,2013-03

岡田明憲,『ゾロアスター教:神々への讃歌』,平河出版社,1982年。

森泰男,「潔斎」(abstinentia)とは何か:『マニ教徒の習俗について』におけるアウグスティヌスのマニ教批判の一断面,西南学院大学国際文化論集11(2),1-13,1997-02

佐伯好郎,『支那の景教に就いて』,日華學會,1931年。